ポップ系新人グループRocket Punchがコスプレして萌え死する!?「BIM BAM BUM」ハロウィンVer.

09

Woollimエンターテインメントに所属する6人組の新人系ガールズグループRocket Punchのデビュー曲「BIM BAM BUM」が、発表から3ヶ月経ってもいまだに好評を博している様子。

ハロウィンの時期には、「BIM BAM BUM」のハロウィンヴァージョンMVを公開して、その可愛さに萌え死するファンも続出したとかしないとか。 

ROCKET PUNCH 1stミニアルバム - PINK PUNCH
ROCKET PUNCH
Woollim Entertainment (Korea)
2019-08-07


そもそもは、AKB48を卒業した高橋朱里がメンバーとして選ばれたことで注目を集めたガールズグループ。

同事務所にはINFINITELOVELYZIZ*ONEのメンバーらが所属しているらしく、それらのスキル、コネやネットワークをフル活用した結果、期待してた以上の人気が出たということなのか、どうなのか。

1stミニアルバム「PINK PUNCH」を発売して、音楽界に第一歩を踏み出したRocket Punchは、完璧なライブとパフォーマンスで「2019下半期最高の新人」として浮上している。次々と公開するさまざまな映像コンテンツで、グローバルファンから愛されるRocket Punchが今後どんな映像でファンを楽しませてくれるか期待が高まっている…
02
07
08
10
11
12
13
15
16
17
18



そんなWoollimエンターテインメントに所属する6人組の新人系ガールズグループRocket Punchのデビュー曲「BIM BAM BUM」のMV

比較的自由度が高いグループのようで、カラフルでポップな映像に、今時の王道的なK-POPチックさをもふんだんに盛り込んで、新人グループとは思えないスキルを見せている。

噂の元AKB48高橋朱里も予想以上に活躍している様子。

ROCKET PUNCH 1stミニアルバム - PINK PUNCH
ROCKET PUNCH
Woollim Entertainment (Korea)
2019-08-07



Rocket Punch「BIM BAM BUM」のハロウィンバージョンのダンス映像を公開…抜群の可愛さ

Rocket Punchは公式YouTubeチャンネルを通じて、デビュー曲「BIM BAM BUM」のハロウィンバージョンのダンス映像を2種類公開した。公開された映像で、Rocket Punchはさまざまなハロウィンの衣装とアクセサリーで「BIM BAM BUM」の振り付けを披露している。特にセルフカメラバージョンの映像では、それぞれ自由奔放な姿で6人のメンバーたちのケミ(ケミストリー、相手との相性)が際立ち、可愛くて爽やかな姿に目を離すことができない。最近、単独ファンミーティング「Punch Time」を盛況裏に終えたRocket Punchは、ハロウィンを迎えて、ファンに対する感謝の意味で映像を公開した。デビュー曲「BIM BAM BUM」は、ドイツ語で“カンカンカン”という意味で、一度聴いただけでも耳に残る独特なサビが印象的な曲で、メンバーの6人6色のハツラツとした魅力が際立つ。
21


Rocket Punch、初ファンミーティングを盛況裏に終了…新曲「紙の星」のステージ初披露

Rocket Punchが、初のファンミーティングを盛況裏に終了し、高い人気を証明した。Rocket Punchは26日、ソウル市竜山(オンサン)区ブルースクエアで初の単独ファンミーティング「Punch Time」を開催し、ファンと出会った。今回の公演は、デビュー後初めて開催する単独ファンミーティングで、チケット販売開始から1分で全席完売を記録し、開催前からRocket Punchの高い人気を証明した。公演では、多彩なステージやトーク、ゲームコーナーなどを用意し、ファンと楽しい時間を過ごした。「Love is over」のステージでファンミーティングの華やかな幕を開けたRocket Punchは、デビュー曲「BIM BAM BUM」をはじめ、「Do Something」「Favorite(特異点)」「Lucid Dream」までデビューアルバムの全曲をファンの前で披露し、コンサート会場を連想させる熱い反響を呼んだ。デビューアルバムの舞台だけでなく、未公開写真を公開や、リクエストコーナーではファンの要望に応え、SEVENTEENの「Oh My!」とRed Velvetの「Russian Roulette」のカバーステージを披露した。特にこの日のハイライトは、新曲「紙の星」のステージだった。Rocket Punchは次のアルバムの収録曲「紙の星」のステージを初披露した。この舞台を見たファンは熱烈に声援を送り、会場の雰囲気は最高潮となった。180分に渡るファンミーティングを終えたRocket Punchは、最後に「デビューからわずか2ヶ月でファンミーティングを開催することができ、とても幸せで、この1分1秒を一生忘れません。これからもファンの皆様の愛を食べてすくすく成長しますので、見守っていてください。ここに居ることができるのはファンの皆様のお陰です。本当に感謝して、これからも頑張ります」とファンに限りない愛情を表現し、ファンミーティングを盛況裏に終えた。
22


Rocket Punch、10月26日にデビュー後初の単独ファンミーティング「Punch Time」開催

Rocket Punchは10月26日午後6時、ソウル龍山(ヨンサン)区ブルースクエアアイマーケットホールにて、Rocket Punchのファンミーティング「Punch Time」を開き、ファンと出会う。8月、1stミニアルバム「PINK PUNCH」でデビューしたRocket Punchは、タイトル曲「BIM BAM BUM」と後続曲「Love Is Over」で、最近まで精力的に活動した。デビュー曲「BIM BAM BUM」は、ミュージックビデオ公開から5日で再生回数1000万回を突破すると共にデビューアルバムは5ヶ国のiTunesチャートで1位になった。それから2週連続音楽番組で1位候補に上がり、ものすごいスピードで成長している。完成度の高いパフォーマンスはもちろん、新人らしくないライブで海外でも多数のファンを確保したRocket Punchはデビューから100日も経たない今、ファンが送ってくれた愛に応えるため初の単独ファンミーティングを開催する。
23


Rocket Punch、海外スケジュールのため日本へ出国…キュートに挨拶

27日午前、Rocket Punchが28日に開催される「GirlsAward」に出席するため、金浦(キンポ)国際空港を通じて日本に出国した。
24


Rocket Punch、デビュー曲「BIM BAM BUM」コンテンツ映像を公開…新人とは思えない完璧な対応が話題

新人ガールズグループRocket Punchのデビュー曲「BIM BAM BUM」コンテンツ映像が話題だ。21日、DINGO MUSICの公式YouTubeチャンネルを通じて、Rocket Punchの「BIM BAM BUM」音響事故バージョン映像を公開し、ファンたちの熱い反響を得ている。「BIM BAM BUM」のステージを見せる途中、突然のサイレン音にしばらく戸惑ったRocket Punchのメンバーたちは、すぐに平常心を取り戻し、音楽が2倍速、0.5倍速など、絶えず続く混乱の中にも、新人とは思えない上手に対応する魅力で、ミッションを行った。幽霊の音と童謡「頭、肩、膝、足」が突然流れる突発な状況の中でも、Rocket Punchは最後まで笑顔を失わず、新人らしい初々しい魅力をアピールして視聴者を魅了した。7日、1stミニアルバム「PINK PUNCH」を発売して、音楽界に第一歩を踏み出したRocket Punchは、完璧なライブとパフォーマンスで「2019下半期最高の新人」として浮上している。次々と公開するさまざまな映像コンテンツで、グローバルファンから愛されるRocket Punchが今後どんな映像でファンを楽しませてくれるか期待が高まっている。
25


Rocket Punch 高橋朱里、愛嬌溢れる動画を公開…可愛らしい猫に変身

Rocket Punch 高橋朱里の罰ゲーム動画が公開された。SBSパワーFM「チョン・ソミンのヤングストリート」のInstagramには12日、「罰ゲーム当選者 #高橋朱里 罰ゲーム3種セット BIM BAM BUM~ 愛嬌3段コンポ メンバーたち大好き 無伴奏 BIM BAM BUM ダンス」というコメントと共に短い動画が掲載された。公開された動画で高橋朱里は、愛嬌3段コンポを披露している。様々なポーズを通じて可愛らしい魅力をアピールした。
26


“元AKB48 高橋朱里所属”Rocket Punch、デビュー曲「BIM BAM BUM」MVを公開

Woollimエンターテインメントの新しいガールズグループRocket Punchがデビュー曲「BIM BAM BUM」でK-POP界に挑戦状を叩きつけた。Rocket Punchは7日の午後6時、各音楽配信サイトを通じて1stミニアルバム「PINK PUNCH」の全曲とタイトル曲「BIM BAM BUM」のミュージックビデオを公開し、K-POP界に正式デビューを果たした。Rocket PunchはINFINITE、LOVELYZ、Golden Childなどが所属するアイドルの名家Woollimエンターテインメントが新しく発表するガールズグループで高橋朱里、スユン、ユンギョン、ソヒ、ダヒョンの6人で構成された。Rocket Punchというグループ名は「退屈な日常に飛ばす新鮮な一発のパンチ」という意味と、Rocket Punchが披露する新しい音楽とステージで日常に明るいエネルギーを届けることができるように努力するという願いを込めた。メンバーらはこの日行われたショーケースで1stアルバム「PINK PUNCH」について「Rocket Punchの最初のパンチで、明るいエネルギーと弾ける魅力をピンク色に表現したアルバムです。Rocket Punchの可愛く強烈な魅力を込めました。6人6色のRocket Punchだけにできる音楽を6トラックに分けて収録しました」とコメントした。Rocket Punchのデビュー曲「BIM BAM BUM」はドイツ語で「カンカンカン」という意味で、Rocket Punchが世界に向けて自分たちの歌を響かせるという抱負を込めた楽曲だ。1節と2節の華やかなリズムの変奏とドラマチックに変わる雰囲気が多彩な楽しみを感じさせる。「静かな空を高く舞い上がるYEAH/この世界の果てまで誰もが驚くように/期待してもいい/ありふれた感じじゃない/始めるよ。カッコよく。限りなく響き渡る/BIM BAM BUM」「耳元へ響く鐘の音 今 /熱くなる心がワクワクするか 今/もう私たち、注目しよう。ここ。ワクワクするように」などの歌詞からは新人ならではの覇気が感じられ、「BIM BAM BUM」と繰り返されるリフレーンがクセになる。また、一緒に公開されたミュージックビデオには6人のメンバーらの華やかなビジュアルをはじめ、エネルギーあふれるパワフルな群舞が見どころだ。このようにビジュアルと実力を兼ね備えたRocket Punchが新人グループが大勢デビューした今年のK-POP界でどんな活躍を見せてくれるだろうか、期待が高まっている。
27
28


Rocket Punch 高橋朱里、AKB48卒業後に韓国で再デビュー「長い期間準備…本当に幸せ」

Rocket Punchの高橋朱里がデビューの感想を語った。本日(7日)午後、ソウル広津(クァンジン)区YES24ライブホールでは、Rocket Punchのデビュー記念ショーケースが開かれた。Rocket PunchはINFINITE、LOVELYZ、Golden Childらが所属する“アイドルの名家”Woollimエンターテインメントが新たに披露する6人組ガールズグループで、デビュー前から話題を集めた。ついにデビューが実現したメンバーたちは「実は緊張して、心臓がすごくドキドキしている。緊張が半分と、ステージを披露できるという喜び半分だ。早くRocket Punchの魅力をステージでお見せしたい」と語った。特に、Mnet「PRODUCE 48」を通じてファンの支持を得た元AKB48の高橋朱里は、韓国で再びデビューできたことについて「長い期間に渡って準備した。このように5人のメンバーたちと一緒に(ステージに)立つことができて本当に幸せだ。Rocket Punchの朱里としての活動を楽しみにしてほしい」と覚悟を表した。
29

“Woollimの新人ガールズグループ”Rocket Punch、6人目のメンバー元AKB48 高橋朱里を公開

デビューを控えているガールズグループRocket Punchが個人コンセプト映像を公開した。所属事務所であるWoollimエンターテインメントは本日(29日)、公式SNSとV LIVEチャンネルを通じてメンバー別コンセプトフィルムの最後の走者である元AKB48の高橋朱里の映像を公開した。公開された映像で高橋朱里は、ハツラツとした姿でショッピングを楽しんでいる。さらにきれいになったビジュアルと感覚的なスタイリングは、見る人々の注目を集める。Woollimは22日からロゴモーションとコンセプトフィルムを順次公開して、Rocket Punchの6人のメンバーの魅力をアピールした。高橋朱里を最後にすべてのメンバーたちのコンセプトフィルムが公開され、Rocket Punchのデビューに対する期待が高まっている。ヨンヒ、元AKB48 高橋朱里、スユン、ユンギョン、ソヒ、ダヒョンなど6人のメンバーで構成されたRocket Punchについて所属事務所Woollimエンターテインメントは、パフォーマンス、歌唱力、ビジュアルなど魅力と能力を兼ね備えた実力派グループだと説明した。
30



<!–
/* Font Definitions */
@font-face
{font-family:”Cambria Math”;
panose-1:2 4 5 3 5 4 6 3 2 4;
mso-font-charset:0;
mso-generic-font-family:roman;
mso-font-pitch:variable;
mso-font-signature:-536870145 1107305727 0 0 415 0;}
@font-face
{font-family:游明朝;
panose-1:2 2 4 0 0 0 0 0 0 0;
mso-font-charset:128;
mso-generic-font-family:roman;
mso-font-pitch:variable;
mso-font-signature:-2147482905 717749503 18 0 131231 0;}
@font-face
{font-family:”@游明朝”;
mso-font-charset:128;
mso-generic-font-family:roman;
mso-font-pitch:variable;
mso-font-signature:-2147482905 717749503 18 0 131231 0;}
/* Style Definitions */
p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal
{mso-style-unhide:no;
mso-style-qformat:yes;
mso-style-parent:””;
margin:0mm;
margin-bottom:.0001pt;
text-align:justify;
text-justify:inter-ideograph;
mso-pagination:none;
font-size:12.0pt;
font-family:”游明朝”,serif;
mso-ascii-font-family:游明朝;
mso-ascii-theme-font:minor-latin;
mso-fareast-font-family:游明朝;
mso-fareast-theme-font:minor-fareast;
mso-hansi-font-family:游明朝;
mso-hansi-theme-font:minor-latin;
mso-bidi-font-family:”Times New Roman”;
mso-bidi-theme-font:minor-bidi;
mso-font-kerning:1.0pt;}
.MsoChpDefault
{mso-style-type:export-only;
mso-default-props:yes;
font-size:12.0pt;
mso-ansi-font-size:12.0pt;
font-family:”游明朝”,serif;
mso-bidi-font-family:”Times New Roman”;
mso-bidi-theme-font:minor-bidi;}
/* Page Definitions */
@page
{mso-page-border-surround-header:no;
mso-page-border-surround-footer:no;}
@page WordSection1
{size:595.0pt 842.0pt;
margin:99.25pt 30.0mm 30.0mm 30.0mm;
mso-header-margin:42.55pt;
mso-footer-margin:49.6pt;
mso-paper-source:0;
layout-grid:20.0pt;}
div.WordSection1
{page:WordSection1;}
–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/mercyjk/archives/54089368.html