『耳を通じて』詩人 清岡卓行

耳を通じて(清岡卓行)

心がうらぶれたときには 音楽を聞くな
空気と水と石ころぐらいしかない所へ
そっと沈黙を食べに行け!遠くから
生きるための言葉が 谺してくるから。

*谺。こだま。<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/k6816/e/3379115932912cd7ea332993259ec3fb