YAMAHA SB ネック フュニシュ 完成

地の果て地獄の相模原から( ゜▽゜)/コンバンハ~101.png
 SBのネックリフィニッシュが完成しました。
ネック修正・ネック塗装剥離・オールラッカーフィニッシュ
リフレット・エッジロール指板サイド仕上げ。
アンテーク スペシャルフィニッシュ。

メイプル材にはフレームが出ているところもありいい感じ・106.png
ネックだけでも大変な作業量。持ち込みリペアでも軽く5万オーバー

(リフィニッシュ・リフレット・ネック修正)
塗装はかなり薄く、木を感じられるグリップ感に仕上げてあります。



メイプル指板の場合、指板も塗装をするので、
モノによっては、フレットのサイドまで塗装がたまっているギターベースがありますが
それはよくありません。(70年代のF社ギターがそうでした。)

ま、これはポリエステル塗装が分厚すぎたため。


ラッカー塗装の場合、薄塗が自慢のネックなどでも、たまっているものがたまにあります。
スプレーガンの使い方が未熟たど、どうしてもフレットけ左右に塗装がたまってしまうんですね。

メイプル指板の塗装は結構難しいのだ。
(個人的にたまってるギター嫌いなんです。141.png見るからに音も悪そうだし・・・ )
さてと~101.png
もうすぐ完成だよ~
ボディの塗装もバッチリと仕上がっています。
d0361438_22302978.jpg
フレットサイドに塗装たまりなし。
d0361438_22301761.jpg



細部のラインまで細かくサンディング。
塗装は薄いよ~


SEE Yeh144.png



引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://clasheerecordz.exblog.jp/27888090