記憶を味方につける


試験勉強のトラウマから記憶というものに対して苦手意識が常につきまとっています。

でも、本来は、記憶するということ、思い出すということは楽しい部分もあると思います。
その一つとして、

昔のことを思い出したら、記録してみる

というのも面白いのではないかと思います。

ポイントは、思い出したら記録すること。
この部分がなければ、せっかくの想起もまた、忘却の彼方です。

まあ、記憶力の悪いと自認している私が言うのもなんですが。
記憶力は鍛えられると思います。
筋トレみたいなもので、いかに繰り返すことができるか。
記憶する物事を繰り返すというよりも、記憶して、保持して、想起する。
この一連の流れを何度も繰り返しやってみるということです。
せっかくなので、いくつか持っている記憶術的な解説の本からもエッセンスをもらって実践を考えています。



引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://kin21gs.exblog.jp/30617166