物心付いた時にはそこに在った、そんな御店に初めて御邪魔致しました(中華料理:東華菜館 本店)


さて、夜に成って四条方面に出勤(^o^)

何を食べようかなぁ、と、思いつつ、ふと目に入ったのが西条大橋の袂にあるレトロなビル。
幼き時から八坂さんに御参りに行ったりした時に何度か目にした立派な建物。
そう云えば行った事無いなぁ、、、何か、日本最古のエレベーターがあるって読んだ事あったなぁ、、、行ってみるかと。
d0245240_18092424.jpeg
d0245240_18094831.jpeg
東華菜館 本店(食べログはこちら
入り口の大きな扉に近づくと、二人で左右から開いて頂き、一寸恐縮、、、
「一人ですが宜しいでしょうか?」
「どうぞ、御案内致します」と、エレベーターの前へ。
d0245240_18142873.jpeg「此のエレベーターが現行使用されている日本最古のエレベーターですか?」
「そうです」
いや、乗れて本当に嬉しい(^o^)
d0245240_18160338.jpeg
完全手動式で、レバー操作。
自動停止装置も付いていないので、その階に着く時に当たりを付けて停止しないと段差が生じます。
なので、操作は全て御店の方が行います。
(呼ぶスイッチを押すのも)
d0245240_18185202.jpeg
調べると、1924年OTIS社製のエレベーターで、現在同じ古さのエレベーターは神戸市の商船三井ビルディング(米国A.B.SEE社製)と松尾ビル(1925年OTIS社製)に残っている様ですが、乗客用で常用されているのは此のエレベーターだけの様です。
さて、テーブルに案内されて、周りを見渡すと
d0245240_18270015.jpeg大正15年竣工のレトロな雰囲気が彼方此方に。
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏による設計で、登録有形文化財に指定されています。
白切鶏(若鶏の蒸し物)
d0245240_18320050.jpeg軟らかく蒸し上がった若鶏の冷菜。
少し醤油が強いバランスでしたが、此れは此れでとても美味しかったです。
鶏の軟らかい仕上がりは言う事無しでした。
炸溜丸子(揚げ肉団子の甘酢葛掛け)
d0245240_18372052.jpeg一口食べると、その昔、実家で親が忙しい時に(自宅で商売していました)近所の中華屋さんから出前して貰って食べた、大好物だった肉団子の味!
いや、個人的にはとても嬉しい。
本当に古き良き時代の味でした。
五色炒飯(チャーハン)
d0245240_18445577.jpeg海老も中華ハムも入った、チャーハンの見本の様なチャーハンでした。
基本的に懐かしい味で美味しかったです。
杏仁豆腐
d0245240_18463692.jpeg此れは懐かしい味で無い方が良い様な、、、
薩摩芋の飴煮を頼むべきでした、、、
結構ウエイターさんやウエイトレスさんも沢山いらっしゃって、接客もレトロ。
一人でしたが、ゆったりと夕食を楽しめました。
御馳走様でした!!!
本来はジャズバーに行く予定でしたが、食べ過ぎたのと翌日も早い事もあってホテルへ。
珍しく早く床に入りました。



引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://multi845.exblog.jp/27887789