「ボギー家族ツアー佐伯編」レポ。

11月30日。
毎年呼んでもらってる街、大分の佐伯へボギー家族ツアー!めちゃ秋晴れで天気いい!佐伯遠いけど来たらいつもぜったい楽しい場所。
IMG_6476
佐伯でサイキシミンに会うとテンションが上がるぜー!愛すべきバカ野郎たち。ボギー家族を呼んでくれるのも今年で5年目だよ。
FullSizeRender
昼はcoffee5でモンドの似顔絵屋さん。
FullSizeRender
最初はオーナーご夫妻(結婚されてるのかな?)を描いたよ。
IMG_6433
モンドが似顔絵描いてるあいだcoffee5はゆったりとした時間が流れる。
FullSizeRender

IMG_6487

IMG_6635
「おとーちゃんみてみて!」ってタンポポを髪につけて見せに来てくれた。娘がいるって幸せだなぁとしみじみ思う。
IMG_6466
似顔絵屋さんは満員御礼、ありがとうございました!
FullSizeRender
モンドは最近さらに描くの早くなってひとり15分かからずにどんどん描いていく。
FullSizeRender
FullSizeRender
お揃いのポロシャツを着た仲良し6人家族を一枚にぎっしり(笑)!すごく良いなー。
FullSizeRender
夕方には似顔絵を全て描き終え、coffee5でのゆるやかで楽しい時間は終了。お世話になりました。
FullSizeRender
夜の部は、佐伯に先月できたばかりのゲストハウス「さんかくワサビ」に移動してボギー家族ライブ。
FullSizeRender
春に家族ツアー鹿児島編でお世話になった建築士のあさこちゃんが設計デザインと施工をしたゲストハウスらしい。
FullSizeRender
この小上がりのステージは、あさこちゃんが設計するときにボギー家族が演奏することをイメージして作ったものだと聞いてびっくりした。嬉しくてたまらんわ。
IMG_6513
さんかくワサビはゲストハウスだが決まった料金は無く投げ銭で泊まれる面白い宿。オーナーのかずみちゃん、思い切ったことやるなー(笑)。でも佐伯にいつでも泊まれてライブもやれる場所が誕生したのは素晴らしい!かずみちゃん頑張ってね!
FullSizeRender
主催してくれたサイキシミンのみんながボギー家族のコスプレ!ギャハハ!クオリティひどい。
IMG_6506
「今から外で演奏してお客さんの呼び込みしてきます!」とはりきって飛び出していったが、人っ子ひとり歩いちゃいねえ(笑)!!
FullSizeRender
それでも頑張って呼び込みライブ。寂しさしかなくて涙でる。でも「バカになりましょう」「BON-ODORI」「おさんぽ」などボギー家族の曲をいっぱいカバーして歌ってくれてたの嬉しかった。愛しかないね。
ボギー家族ライブ@佐伯さんかくワサビライブ開演!二部構成でたっぷりのステージ。お客さんもたくさん!小さな子供たちもいっぱいで曲ごとにどんどんノッてきてくれて自由に踊ったり笑ったりしだした。
FullSizeRender
ライブ中、モンドは超マイペースに見えて隣りのテンちゃんにちょいちょいイタズラをする。
IMG_6646
そのイタズラをかわしながらテンちゃんは声枯れるほど歌い続ける。
FullSizeRender
今ちゃんはブッ壊れたんか?ってくらいテンション高かった。
FullSizeRender
ボギー家族のライブは我が家のリビングそのままの光景だ(笑)。
FullSizeRender
最高の盛り上がりはボギー家族と偽ボギー家族による「バカになりましょう」!!
FullSizeRender
そしてアンコールで「青い春」と、サイキシミンも一緒にRCサクセションの「けむり」。
FullSizeRender
最後はやっぱりボギ八先生「贈る言葉」!
FullSizeRender
胴上げのとき俺の両足をしっかりと脇にロックした男がいて、下半身はガッチリ固定されたまま上半身だけ45度の角度に飛び上がるという謎の胴上げだった。逆に怖えーわ!
FullSizeRender
<ボギー家族セトリ>
NO FUN MY WAY
ストリーキング
酒がねぇ
山谷ブルース
戦争ワルツ
ぼくとはと
おさんぽ
ウィーアーリトルゾンビーズ
カントリーロード
ロックンロール
タコの知能は3歳児
BON-ODORI
ハッピークリスマス
家族のうた
バカになりましょう
〜アンコール〜
青い春
けむり
贈る言葉
IMG_6670
大人も子供も最高にいい顔してた!楽しい夜をありがとう!!また来年もボギー家族で佐伯にきっと行くからね。
IMG_6652
佐伯は打ち上げも楽しみだ。いや、むしろ打ち上げがメインと言えるかもしれない。魚がとにかく美味いのだ!!美味すぎる!!
FullSizeRender
もりもり盛り上がる打ち上げ、大人はどんどんバカになっていくが、子供たちは寝てしまった。
IMG_6528
打ち上げは子供を寝かしつけてからがスタートである。佐伯の夜はスナックばかり。スナック文化である。二次会どこで飲もうかと彷徨う。
FullSizeRender
二軒目は「ギャルソン」というスナックでカラオケ。
FullSizeRender
あっという間に裸になる赤フン。
FullSizeRender
鼻にカッパえびせん突っ込まれても、
FullSizeRender
尻の穴に火のついたタバコ突っ込まれても、
FullSizeRender
おちんちんの皮を剥かれても、尻をパーカッション代わりにされても、すべてされるがままの赤フン。ホントにバカだなぁ。バカしかいない。
FullSizeRender
「ギャルソン」のダンディなマスターが誰よりも大笑いしながら「こんな楽しい夜は久しぶりです、ありがとう!ありがとう!」と言っていた。
FullSizeRender
3軒目は「なべちゃん」という飲み屋。ペパーミントグリーンが眩しすぎる店内と、
IMG_6618
「硬いけどおいしい肉」が売り切れててなんの肉だったか確認できなかったこと以外はもうなんにも覚えてない。
FullSizeRender
4軒目は「ゆうちゃん」のゴマだしうどんでシメ。
IMG_6609
ここはボギーのエッセイ本「呑み屋のはなし」に出てくる店だが、写真は残ってるからうどんは食べたんだと思うけどまるで記憶にない。たぶん気絶していたんだと思う。
IMG_6620
何時に帰り着いたか定かじゃないが、朝起きるとちゃんとゲストハウスさんかくワサビのベッドの上だった。
FullSizeRender

かずみちゃんと後藤くんが作ってくれた朝ごはんは身体中に染み渡る優しい味。
IMG_6631

大谷くんたちに見送られながら佐伯を昼前に出発。別府に寄ってひょうたん温泉の家族風呂に入り、そのあと「甘味茶屋」でチーズ雑炊を食べた。ここに来ると必ず食べるチーズと卵とエビとえのきと玄米の雑炊。優しい味でめちゃくちゃ好き。
FullSizeRender
ゆっくり福岡に戻って夜ごはんは「狐狸庵」でカツ丼。この店、高校時代いつも遊んでた友達が働いてるから一度行ってみたかったのだ。人気店で、うどん屋だけどみんなこのカツ丼食べてる。美味しかったが二日酔いの胃にはボリュームがヘヴィーすぎた(笑)。
FullSizeRender
あぁ、楽しくて美味しい旅だったなぁ。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://bogggey.blog.jp/archives/80807066.html