瀬戸康史、三吉彩花らが出演 舞台『母を逃がす』の上演が決定 ノゾエ征爾の演出で松尾スズキの話題作がよみがえる

2020年5月7日(木)~25日(月)Bunkamuraシアターコクーンにて、シアターコクーン・オンレパートリー2020『母を逃がす』の上演が決定した。
(左から)松尾スズキ、ノゾエ征爾
(左から)松尾スズキ、ノゾエ征爾

本作は、来年1月にシアターコクーンの新芸術監督に就任する松尾スズキが1999年に自身の劇団、大人計画で上演し、2010年に再演された話題作。自給自足の共同生活を営んでいる架空の農業コミューンを舞台に、そこに生きる人々の切実な日常生活を痛烈な笑いで描き、話題となった。1999年には、第3回鶴屋南北戯曲賞にもノミネートされている作品だ。

演出を手掛けるのは、劇団はえぎわの主宰であり、俳優、脚本家、演出家として活躍するノゾエ征爾。今注目されている気鋭の演出家の1人で、シアターコクーンには演出家として今回が初登場となる。脚本家としては2012年『○○トアル風景』で岸田國士戯曲賞を受賞。松尾スズキ作の絵本『気づかいルーシー』の舞台化の脚本・演出、蜷川幸雄の遺志を継いだ『1万人のゴールドシアター』や“世界・ゴールド祭”にて「ゴールド・アーツ・クラブ」の数百人単位の高齢者たちをエネルギッシュに活かした演出でも注目を集めている。2019年は、オーチャードホールで上演された音楽劇『トムとジェリー』の演出から、総勢80名弱のキャストたちと新基軸の劇世界を立ち上げた野外劇『吾輩は猫である』の脚本・演出、白井晃演出『恐るべき子供たち』の上演台本執筆、演劇ユニット月影番外地への脚本提供など幅広く手掛けている。

出演者も多彩な顔ぶれがそろった。集落の頭目代行で住民たちをまとめるリーダー的存在の雄介役には、ドラマ『ルパンの娘』、舞台『ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~』での好演が記憶に新しく、近年目覚ましい活躍を見せる人気実力派瀬戸康史。ノゾエとのタッグでこの松尾ワールドとどのような化学反応を起こすのか必見だ。雄介の妹リク役には、モデルとして人気を博し、主演映画『ダンスウィズミー』で注目を浴び、女優としての活躍の場を広げ、舞台初出演となる三吉彩花

流れ者の葉蔵役には、舞台『エダニク』で主演を果たし、映画、ドラマ、ラジオと幅広く活躍する稲葉友、雄介の婚約者蝶子役には、音楽劇『トムとジェリー』でヒロインを好演した山下リオ、芸人、俳優、ミュージシャンとマルチに活躍するマキタスポーツが集落の医者赤痢役で舞台初出演、集落の女警備長島森役には、舞台のみならずドラマ『真田丸』『あなたの番です』など多くの話題作に出演し確かな演技力を誇る峯村リエ、雄介の母ハル子役には劇団☆新感線の看板女優で舞台を中心に活躍し、2016年には第51回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した高田聖子が満を持してシアターコクーン初登場。雄介の兄地介役には、舞台から映画、バンド活動と多岐にわたって活躍する、唯一無二の存在感を放つ個性派俳優六角精児が確かな演技で支える。

さらに家納ジュンコもう中学生湯川ひな武居卓に加え、ノゾエの劇団はえぎわより町田水城山口航太といったバラエティに富んだ個性豊かな実力派キャストが集結した。

松尾とは師弟関係でもあるノゾエが松尾から託されたこの戯曲に、どのようなアプローチで挑むのか。フレッシュで斬新な顔合わせで次代を担う若き才能が、シアターコクーンに新たな演劇シーンを誕生させる。

このたび松尾、ノゾエ、瀬戸、三吉からコメントが到着した。

松尾スズキ コメント
芸術監督ともなれば、新しい演出家をコクーンに呼びこむというような仕事もあり、 そうなると、真っ先に頭に浮かんだのが、ノゾエ征爾なのだった。彼が私の教え子であることを差し引いても、コクーンという劇場の空間を埋めるスペクタクル演出のできる数少ない若手演出家なのに、なぜ早くコクーンに出てこないのだと思ってすらいた。私は、ノゾエ作品のファンだ。音楽を扱えることも含め、ノゾエ作品にはハナと、笑いと、切なさがある。不条理でわけがわからない、と思いつつ、なぜか涙が出そうな瞬間もある。それは、ノゾエが上手だからだと思う。拙作『母を逃がす』を演出してもらいたいと提言した。実力のある俳優も集まり、楽しみである。

ノゾエ征爾 コメント
このとんでもなくモンスターな本とどう取っ組み合おうかと、考えたところで分かりそうになかったので、ひとまず無邪気に取っ組みあってくれそうな方々を呼ばせていただきました。揃いました、素晴らしき珍獣たち。母を逃がす。この獲物は逃がすまい。

瀬戸康史 コメント
お話をいただいた時、この世界には足を踏み入れてはいけないような気がして、何とも言えない感情になったのを覚えています。 しかし、見たことのない世界って足を踏み入れたくなるものです。ノゾエさんとは初めてご一緒しますが、その場に生きる人間の心を大事に演出される印象なので、丁寧に作っていければと思います。また、松尾さんの脚本はありえないフィクションなのに、あたかもその世界が当然にあるかの様に錯覚 してしまう…そこに身を任せ、この作品に集まった猛者たちと協力して、作中にもあるような何が起ころうと絶対に崩れないコミュニティを築ければと思います。

三吉彩花 コメント
初めてのことは人生でそれぞれ一度ずつしかありません。また新たなる「初めて」を経験させて頂くことになり、緊張と興奮で震えます。 年々流行や物事の流れが早くなっている今の時代に良い意味で刺さる、そしてブレない戯曲を上書きしていけるよう、先輩方に教わりながら精一杯演じさせていただきたいと思います。
【ストーリー】
舞台は“自給自足自立自発の楽園”をスローガンに掲げた架空の農業集落「クマギリ第三農楽天」。病に倒れた父に代わり村をまとめる頭目代行の雄介(瀬戸康史)は、リーダーシップのなさに悩みながら、頭目代行としての存在感を示すために、仮想敵国との対立を演じたり、死刑を復活させようとしたりしている。
たった一つの存在価値のあかしは婚約者の蝶子(山下リオ)。今は刑務所に入っている兄・地介(六角精児)の婚約者だったが、妊娠せず、地介入所後、雄介の子供を身ごもった。後継者を産む生殖能力を有することが、かろうじて雄介の自尊心の支えとなっている。
しかし住人たちは頭目代行を全く頼りにせず、妹・リク(三吉彩花)は兄に反抗して、彼が統治するこの土地を楽園だと認めようとしない。そのうえ女警備長の島森(峯村リエ)とよからぬ関係なのだ。
ある夜、集落は謎の男の襲撃を受ける。翌朝の集会でブタ吉(山口航太)とタチ政(武居卓)、経理主任の山木(家納ジュンコ)、医者の赤痢(マキタスポーツ)らを集め、雄介は敵国からの攻撃対策の自警団設立を提案するが島森は難色を示す。そんなことをよそに、捨て子のトビラ(湯川ひな)は壊された合同テレビの修理をしてほしく、外部から来る保険手続き代行人の一本(町田水城)の来訪を待ちわびるばかり。事あるごとに自信を喪失する雄介。
そんな息子を、母・ハル子(高田聖子)は時には行きすぎを叱咤し、時にはやさしく心配する。元芸者で情に厚く朗らかなハル子を雄介は大切に思っていた。
ある日、集落に 2 人の流れ者がやって来て、仮想敵国・シカノバルからのスパイ容疑で雄介に捕まえられる。力持ちだが頭の弱い万蔵(もう中学生)と、切れ者の葉蔵(稲葉友)だ。二人はいとこ同士で、万蔵がシカノバルで起した事件のために逃げてきたという。葉蔵に奇妙な友情を感じる雄介。
そしてもう一人、監獄に入っていた地介が故郷に戻ってきて……。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9236453