ビリー・アイリッシュ、第1回目【Apple Musicアワード】受賞でライブストリーミング実施

ビリー・アイリッシュが、第1回目となる【Apple Musicアワード】のグローバル・アーティスト・オブ・ザ・イヤーの栄誉を獲得した。

2019年の最も優れた、最も大胆なミュージシャン、そして彼らが今年世界の文化に与えた絶大な影響を祝う【Apple Musicアワード】は、5つの明確なカテゴリーにおいて音楽に功績を残したミュージシャンをたたえる賞。グローバル・アーティスト・オブ・ザ・イヤー、ソングライター・オブ・ザ・イヤー、ブレイクスルー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーは、世界中に散らばるエキスパートとテイストマスターズからなるApple Musicのエディトリアルチームによって厳選。アルバム・オブ・ザ・イヤー、ソング・オブ・ザ・イヤーは、ストリーミングデータと、Apple Musicの利用者が今年聴いてきたものに基づいて選ばれた。

そして今回、アーティスト・オブ・ザ・イヤーに輝いたビリー・アイリッシュ。彼女のアルバム『WHEN WE FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は、今年Apple Musicで10億回以上再生され、最も再生されたアルバムとなり、アルバム・オブ・ザ・イヤーにも選出。ビリーはまた、ソングライター・オブ・ザ・イヤーも受賞し、こちらは彼女の兄・フィネアスとの共同受賞となった。

そして、これらビリー・アイリッシュの受賞を祝い、日本時間の2019年12月5日午前11時30分(米国西部時間12月4日午後6時30分)より、Apple Parkのスティーブ・ジョブズ・シアターより、ビリー・アイリッシュの特別パフォーマンスが世界中でライブストリーミングされる。

なお、ブレイクスルー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーにはリゾ、ソング・オブ・ザ・イヤーにはリル・ナズ・Xの「Old Town Road」が決定した。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9235288