良い結果を生むには準備が大切

今週末はいよいよクリスマスパーティー。その後は12月21日に自分のヤングサークルで練習会をやって今年のイベントは終了です。今年はサークルではドレス撮影会、Practice Night、弘前大学のOBOG有志で交流戦と色々な企画をしてみました。
いずれの企画もイメージはあるのですが0からスタートなのでかなり大変でした。僕も綾先生もやるからには徹底的にやるというタイプなのでかなり念入りに計画し、準備します。今のところ、どの企画も問題点はあるもののそれなりに成果が出ているのはこの準備のおかげだと思っています。
これはダンスでも同様です。大きなエネルギーやパワーを生み出すには必ず準備が必要となります。ダンスで体重の乗っている脚、サポーティングフットが大切と言われるのもこれが理由です。サポーティングフットでの準備があるからこそ、大きな歩幅となったり、力強く動けたりします。
レッスンを受ける時もこれはとっても重要です。レッスンを受ける為の準備をしっかりとしていきましょう。自分が何を学びたいのか、定期的に習っている先生ならば前回のレッスンでどんなことを学んだのか整理するのも良いでしょう。何となくレッスンを受けるよりもより効果的になるはずです。
どんなことでも、何もせず良い結果はでません。もちろん偶然そうなることもあるので、準備をしないと絶対に良い結果はでない!と言い切ることはできませんが、良い結果には、それなりの理由があるはずです。何か結果を出したかったら、準備に時間を割いてみると良いかもしれません。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://dancer-yosuke-aya.blog.jp/archives/81628480.html